January 23, 2018 / 9:59 AM / 7 days ago

相模原45人殺傷で起訴後鑑定

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら19人が殺害され26人が重軽傷を負った事件で、横浜地裁(青沼潔裁判長)は23日までに、殺人罪などに問われた元施設職員植松聖被告(28)の刑事責任能力の有無や程度を調べるため、起訴後の精神鑑定を実施することを決めた。

 地裁によると、植松被告の弁護側が請求した。開始時期や期間は明らかにしていない。

 捜査段階で横浜地検は5カ月間、鑑定留置をして完全刑事責任能力が問えると判断。17年2月に殺人や殺人未遂など六つの罪で起訴した。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below