January 25, 2018 / 3:00 AM / 3 days ago

9300万円脱税疑いで告発

 所得を隠して税金約9300万円を免れたとして、東京国税局が所得税法違反容疑で相模原市中央区の会社員香西靖之氏(58)を東京地検に告発していたことが関係者への取材で25日分かった。隠した金を使い、韓国や中国、米国などのカジノで遊んでいたという。

 関係者によると、香西氏は東京都台東区の内装工事会社で取締役を務めていた2013~15年、工事の外注先の業者から手数料を得ながら、知人の銀行口座に振り込ませるなどして計約2億5400万円の所得を隠した疑いがある。

 香西氏は現在、この内装工事会社とは別の会社で働いているという。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below