January 26, 2018 / 3:31 AM / 5 days ago

東電原発事故で初の証人尋問

 津波対策を怠り福島第1原発事故を防げなかったとして、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(77)ら旧経営陣3人の第2回公判が26日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。事故当時、東電で原発の設備管理に携わっていた担当者が証人尋問で、原発のシステムや事故の経緯を説明、「さまざまな努力をしたが炉心損傷に至った」と述べた。

 公判は昨年6月の初公判以来、約7カ月ぶりで、証人尋問は初めて。今後は秋ごろまでに、地震や津波に関する専門家や東電の土木担当者ら二十数人の証人尋問や被告人質問を実施する予定。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below