February 15, 2018 / 9:25 AM / 6 days ago

高松アスベスト訴訟で国が慰謝料

 アスベスト(石綿)関連の疾病になったのは国の対策が不十分だったからだとして、含有製品の水道管を製造していた日本エタニットパイプ(現リソルホールディングス、東京)の高松工場の元従業員や遺族ら1都2県の50人が国に損害賠償を求めた訴訟は15日、高松地裁(森実将人裁判長)で和解が成立した。国が慰謝料など計約1億8800万円を支払う。

 石綿粉じんの飛散を防ぐ局所排気装置の設置を義務付けていれば被害を防げたとの原告側の主張を国が認め、請求のほぼ全額の支払いに応じた。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below