March 23, 2018 / 7:30 AM / 8 days ago

大手ゼネコン4社起訴

 リニア中央新幹線の駅新設工事を巡る談合事件で、東京地検特捜部は23日、独禁法違反(不当な取引制限)の罪で、大林組、鹿島、清水建設、大成建設の法人4社と、鹿島、大成の幹部ら2人を起訴した。

大手ゼネコン4社起訴

 国の巨額融資が投入された「国家プロジェクト」を支える大手ゼネコンの刑事責任が、司法の場で追及されることになった。民間発注工事に絡み、同法違反の罪で起訴するのは始めて。

 個人で起訴されたのは、独禁法違反の疑いで2日に逮捕された大成の元常務執行役員大川孝容疑者(67)と鹿島の土木営業本部専任部長大沢一郎容疑者(60)。関係者によると、いずれも否認しているとみられる。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below