March 27, 2018 / 1:54 AM / 3 days ago

シンドラー事故で無罪確定へ

 東京都港区のマンションで2006年、住人の男子高校生がシンドラーエレベータ社製エレベーターに挟まれ死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた保守管理会社会長鈴木孝夫被告(74)ら3人を逆転無罪とした14日の東京高裁判決について、東京高検が上告を断念したことが27日、関係者への取材で分かった。無罪が確定する。

 シンドラー社の元保守担当課長は既に無罪が確定。事故の刑事責任は誰も問われないまま終結する見通しとなった。

 一審東京地裁判決は3人を執行猶予付きの有罪としたが、高裁は3人に事故は予測できなかったと判断した。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below