March 27, 2018 / 4:04 AM / 2 days ago

工藤会トップに懲役4年求刑

 特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の上納金を巡り、約3億2千万円を脱税したとして、所得税法違反罪に問われた同会トップの総裁野村悟被告(71)の公判が27日、福岡地裁(足立勉裁判長)で開かれた。検察側は同被告に懲役4年、罰金1億円を、「金庫番」とされる幹部山中政吉被告(67)に懲役3年6月を求刑した。

 野村被告は「組織運営に関与しておらず、会からの収入はなかった」と無罪を主張。弁護側が29日に最終弁論し結審する予定。

 北九州市の元漁協組合長射殺(1998年)や元警部銃撃(2012年)など他に4件の事件でも起訴されているが、初公判の見通しは立っていない。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below