March 27, 2018 / 8:24 AM / 7 days ago

愛媛の3人死亡放火、懲役11年

 愛媛県松野町で昨年3月に障害者施設が全焼し、男女3人が死亡した火災で、自室に火を付けたとして現住建造物等放火の罪に問われた元入所者の無職善家千文被告(50)に松山地裁は27日、懲役11年(求刑懲役16年)の判決を言い渡した。

 被告に知的障害があることなどから、弁護側は火が建物に燃え広がることを被告が認識しておらず、放火の故意がないとして起訴内容を否認していた。

 判決によると、昨年3月12日午前0時50分ごろ、自室ベッドの上に置いたトイレットペーパーにライターで火を付け、建物を全焼させた。火災では入所者2人が焼死し、1人が一酸化炭素(CO)中毒で死亡した。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below