March 27, 2018 / 10:45 AM / 2 days ago

元富山県議会副議長を在宅起訴

 富山県内で相次いだ地方議員による政務活動費の不正問題で、富山地検は27日、領収書などを偽造し、書籍代として政活費約362万円をだまし取ったとして、詐欺罪で県議会の矢後肇元副議長(58)=辞職=を在宅起訴した。

 起訴状によると、矢後被告は実際には購入していない書籍の領収書などを偽造し、2011~14年度の政活費約362万円をだまし取ったとしている。

 矢後被告は不正を認め16年7月に議員辞職。県警が今月8日に書類送検していた。

 詐欺罪の公訴時効が成立している10年度分など含め約560万円を返還しているが、地検は悪質性などを考慮し、起訴に踏み切ったとみられる。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below