April 26, 2018 / 3:41 AM / 5 days ago

京都佐川印刷元役員に懲役14年

 佐川印刷(京都府向日市)の子会社の資金計約45億5千万円が不正流用された事件で、電子計算機使用詐欺罪などに問われた佐川印刷の元役員湯浅敬二被告(64)と知人の村橋郁徳被告(58)に京都地裁は26日、いずれも懲役14年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。

 橋本一裁判長は、弁護側が「同社の会長の承諾を得ていた」としていた無罪主張を退け、「会社の資金を流用して投資し、利益を得ようとしたのは明らか。被害金額は莫大だ」と非難した。検察側は論告で「共同事業を展開して利益を得ようと不正流用した」と指摘していた。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below