May 17, 2018 / 10:25 AM / 7 days ago

77日間身体拘束、病院提訴

 摂食障害を治療するために入院した病院で77日間にわたって不当に身体を拘束されたとして、東京都の女性(24)が17日、病院側に慰謝料など約1千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 訴状によると、女性は14歳で中学校に通っていた2008年、都内の病院の精神科に入院。過度の行動制限に抗議して点滴を抜いたため、両手足を24時間ベッドに縛られた。鼻に通したチューブで栄養を取らされ、トイレに行くことも許されなかった。入院から約半年で退院したが、拘束の影響でうつ病と診断されたという。

 原告側は「当時のカルテを見ても拘束の必要はなかった」と主張している。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below