May 18, 2018 / 7:07 AM / 4 days ago

無許可飛行で有罪判決、東京

 東京都調布市で2015年、小型プロペラ機が墜落し3人が死亡した事故を巡り、無許可で乗客から料金を取って飛行したとして、航空法違反罪に問われた事故機の管理会社「日本エアロテック」(同市)の社長小山純二被告(64)に、東京地裁立川支部は18日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。法人としての同社は、求刑通り罰金150万円とした。被告側は、控訴しない方針。

無許可飛行で有罪判決

 判決理由で川本清巌裁判長は小山被告について「航空法の重要な規制に関する調査を怠ったまま営業しており、厳しく非難すべきだ」と指摘。一方「事実を認め、反省している」として執行猶予を付けた。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below