for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

宮川選手「全て話した」

 アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で、関西学院大の選手を負傷させた日本大の宮川泰介選手(20)は24日、日大の内田正人前監督と井上奨コーチの前日の記者会見を受け、弁護士を通じて「5月22日の記者会見で、私が覚えている事実は全てお話ししましたので、これ以上お話しすることはありません」とのコメントを発表した。

 宮川選手は22日の会見で、6日の定期戦前日に井上コーチを通じて「つぶせ」という前監督からの指示があったとし「けがをさせろ」と解釈したと説明。しかし内田前監督ら首脳陣は宮川選手への意図的な反則指示を改めて否定し、主張に食い違いが生じている。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up