July 10, 2018 / 6:30 AM / 6 days ago

大林と清水、談合認める

 リニア中央新幹線の駅新設工事を巡る談合事件で、独禁法違反(不当な取引制限)の罪に問われた大林組と清水建設の法人2社は10日、東京地裁(鈴木巧裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。

大林と清水、談合認める

 起訴状によると、鹿島、大成建設とともに2014年4月~15年8月、品川駅と名古屋駅の工事で受注調整することを合意。受注予定業者をあらかじめ決定し、見積価格に関する情報を連絡するなどして競争を制限したとしている。

 事件では、法人4社のほか、鹿島の土木営業本部専任部長大沢一郎被告(61)、大成の元常務執行役員大川孝被告(67)が起訴されている。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below