August 8, 2018 / 11:11 AM / 2 months ago

「一歩前進」と鈴木スポ庁長官

 日本ボクシング連盟の不正疑惑で山根明会長が辞任を表明したことを受け、スポーツ庁の鈴木大地長官は8日、「遅きに失した感はあるが、一歩前進。これで終わりではないので、連盟の運営をどうするかを含め、しっかりやってもらいたい」と述べ、今後の事実解明と組織改革を求めた。

「一歩前進」と鈴木スポ庁長官

 日本オリンピック委員会(JOC)は日本連盟に第三者委員会設置を要請しており、引き続き疑惑の解明に努める方針。竹田恒和会長は山根氏が過去の暴力団組長との交友を認めている点からも「(辞任は)必然」と捉え、「残された方々がどういうふうに連盟を改善していくのかよく見届けていきたい」と語った。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below