December 3, 2018 / 2:40 AM / 7 days ago

女子マラソン原被告、再び刑猶予

女子マラソン原被告、再び刑猶予

 スーパーで菓子などを万引したとして、窃盗の罪に問われた陸上の世界選手権女子マラソンの元代表選手原裕美子被告(36)に、前橋地裁太田支部は3日、懲役1年、保護観察付き執行猶予4年の判決を言い渡した。

 公判で弁護側は、現役時代から続いていた過食と嘔吐を繰り返す摂食障害に伴って大量の食品を欲し、判断力や自らの行動、衝動を制御する能力に影響していたと主張。奥山雅哉裁判官は判決で、摂食障害が一定程度影響したとした上で、原被告に完全責任能力があったと認定した。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below