December 8, 2018 / 9:51 AM / 5 days ago

熊本で災害国際シンポ開幕

 災害の経験や教訓を共有し、防災に役立てることを目指す「全国被災地語り部国際シンポジウム」が8日、熊本市で始まった。東日本大震災などの被災者らが次世代に語り継ぐことの重要性を訴え、約150人が参加した。期間は10日までの3日間。

 宮城県の石巻観光ボランティア協会の高城禎彦事務局長(66)は、東日本大震災で被害に遭った地域をガイドと共に歩き、地域の歴史を含めて学んでもらう活動を昨年に始めたことを紹介した。

 雲仙・普賢岳の噴火災害を伝える長崎県島原市の雲仙岳災害記念館で語り部をしている長谷川重雄さん(69)は「次世代を育てることが喫緊の課題だ」と強調した。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below