December 20, 2018 / 3:20 AM / a month ago

IWC脱退「各国に理解求める」

 政府は商業捕鯨の再開に向けて国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退方針を固めたことに関し、国際社会への説明に努める構えだ。外務省幹部は20日、国際機関からの異例の脱退を巡り「IWCは特殊な組織で、他の国際機関と一律には論じられない。各国に理解を求めていく」と述べた。

 政権幹部は脱退方針について「日本には捕鯨で生計を立てている漁業者もいる。簡単に終わらせるわけにはいかない」と強調した。菅義偉官房長官は記者会見で「現時点では決まっていない。全体を考えているところだ」と述べるにとどめた。

 一方、政府内には脱退によって日本の国際的なイメージが低下するとの懸念がある。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below