March 11, 2019 / 9:20 AM / in 7 days

スピード違反、「実は私」と友人

 福岡地裁(太田寅彦裁判官)で審理されているスピード違反の裁判で、道交法違反罪に問われた女性被告(24)の友人が、起訴後に「実は私が運転していた」と名乗り出る異例の展開となっている。11日の公判で、検察側は友人の証言は信用できないとして被告に罰金5万円を求刑。弁護側は無罪を訴えて結審した。判決は25日。

 争点は、速度違反自動監視装置に写った運転者が、どちらなのか。事態が動いたのは、今年1月の友人女性の証人尋問。被告から車を借りていたと述べ、写真の人物も自分だとした。起訴前に言い出せなかった理由を「借りた車でスピード違反をしたのが情けなかった」と証言した。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below