April 14, 2019 / 2:58 AM / in 5 days

強制不妊巡り集会、北海道

 旧優生保護法下の強制不妊問題で、北海道の支援団体や原告弁護団は12日、衆院で可決された救済法案を巡り、札幌市内で集会を開いた。参加者らは、被害者側が求めた「国による謝罪」の明記が見送られたことや、一時金が320万円で被害に見合わないなどの問題点を指摘。「被害者の気持ちを分かっていない」と国を批判した。

 この日は約60人が参加。札幌地裁に国家賠償請求訴訟を起こした小島喜久夫さん(77)は「人生を狂わされた。本当に、手術された人のことを考えているのか」と国への憤りをあらわにした。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below