May 15, 2019 / 9:00 AM / 5 days ago

ゴーン前会長側、特別抗告

 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の弁護団は15日、妻キャロルさんとの接触を禁じた保釈条件の撤回を求め、最高裁に特別抗告した。

 弁護団は、4月25日の再保釈後、弁護人立ち会いなどの条件で2人の面会を請求。地裁が認めなかったため、保釈条件の撤回を求めて準抗告したが、退けられた。

 弁護団の弘中惇一郎弁護士は「接触制限の合理的理由が分からない。夫婦が一緒にいるのは人類固有の権利みたいなものだ」としている。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below