June 14, 2019 / 12:20 AM / 6 days ago

全域停電、企業の対策低調

 政府は14日、大災害に伴う全域停電(ブラックアウト)に関し、企業の対策が進んでいないとする2019年版防災白書を閣議決定した。昨年被災した北海道や広島など6都道府県の576社が回答した内閣府調査では、半数近くが事業を継続するための地域連携を検討していなかったと指摘。経済活動の停滞を引き起こしかねないとして、改善を促した。

 調査は3月に実施し、6都道府県はほかに東京、大阪、岡山、愛媛。ブラックアウトに備えた地域連携は「検討したいが、できていない」が274社(48%)で最も多かった。ほかは「検討中」70社(12%)などだった。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below