July 10, 2019 / 7:51 AM / 6 days ago

東郷証券実質経営者ら起訴

 東京地検特捜部は10日、外国為替証拠金取引(FX)で生じた顧客の損失を補填したとして、金融商品取引法違反の罪で東郷証券(東京)の実質経営者林泰宏容疑者(58)と元顧問上村昌也容疑者(37)、法人としての同社を起訴した。野水裕資元代表取締役(57)を在宅起訴した。証券会社による損失補填で起訴されるのは約20年ぶり。

 起訴状によると、林被告らは2016年7月~19年1月、顧客8人の損失計約6900万円を穴埋めしたとしている。林被告はドラフト1位で1980年に巨人に入団した元プロ野球選手。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below