October 8, 2019 / 7:50 AM / 6 days ago

取締船の船首下部が衝突か

取締船の船首下部が衝突か

 日本の排他的経済水域(EEZ)内にある好漁場・大和堆周辺で、水産庁の漁業取締船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突した事故で、取締船の船首下部の球状に突き出た部分が、漁船の左舷船底付近に突っ込み、漁船が転覆して沈没した可能性があることが8日、第9管区海上保安本部への取材で分かった。

 9管によると、球状の突起部分は航行中に水の抵抗を減らす役割を果たし、圧力に耐えられるように強度が高くなっている。取締船のこの部分に擦ったような痕跡があった。衝突から沈没までは約20分あり、漁船の船体に穴が開いたのではなく、衝撃で転覆したことで浸水し、沈没した可能性が高いという。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below