November 7, 2019 / 7:41 AM / in 6 days

参院選、名古屋高裁は「合憲」

参院選、名古屋高裁は「合憲」

 「1票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選は投票価値の平等に反し違憲だとして、岐阜、愛知、三重の各県の有権者3人が選挙無効を求めた訴訟の判決で、名古屋高裁は7日、「合憲」と判断し、請求を棄却した。

 二つの弁護士グループが全国14の高裁・高裁支部に起こした訴訟の一つで11件目の判決。これで「違憲状態」2件、「合憲」9件となった。原告側は判決を不服として即日上告した。

 合区が導入され、最大格差3・08倍となった2016年の前回参院選後、定数6増(埼玉選挙区2、比例4)の改正公選法が成立、7月参院選で格差は微減した。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below