January 11, 2020 / 10:49 AM / 7 days ago

大火に耐えた「壁」に追悼の十字

大火に耐えた「壁」に追悼の十字

 阪神大震災で神戸市長田区を襲った大火に耐え、焼け残った防火壁「神戸の壁」のライトアップが11日、保存されている北淡震災記念公園(兵庫県淡路市)で始まった。震災から17日で25年となるのを前に、十字架のように両手を広げた25人の影を壁に映し、震災を忘れず次世代につなぐとの決意を新たにした。

 日が落ちてから、主催団体メンバーや地元の高校生らが壁の前に集合。壁の歴史を振り返るアナウンスに合わせて1人ずつ壁の前で立ち上がり、影を浮かび上がらせた。

 壁は1927年ごろ、公設市場の防火壁として建設。神戸大空襲でも焼けずに残った。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below