February 12, 2020 / 3:09 AM / 6 days ago

被害者遺族「植松被告を死刑に」

 相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判第14回公判が12日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。被害者側の意見陳述で遺族らが被告の死刑判決を求め、負傷者の家族も心情を訴えた。

 殺害された女性=当時(60)=の弟は量刑について「死刑を求めます」と述べ、被告に「自分の人生や、起こした事件に真剣に向き合う時。判決を受け入れるのか、納得いかず控訴するのか、心の準備をするべきだ」と述べた。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below