for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

外来受診の男性も感染、和歌山

新型肺炎発症の外科医周辺を検査

 和歌山県湯浅町の済生会有田病院に勤める50代の男性外科医が新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)を発症した問題で、県は14日、有田病院を外来受診した県内の70代男性も感染が確認されたと発表した。現在は別の病院に入院しており、重症。県はウイルス検査を進め、病院や関係者への広がりを調べる。街中にも無症状の感染者がいる可能性を想定し、相談態勢を強化する。

 男性は1日に嘔吐し、5日から発熱。6日に入院した。海外渡航歴は不明で、保健所が濃厚接触者の有無を調べている。

 また、国内初の死者が出たことを受け、厚生労働省も感染経路の調査を進めた。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up