June 3, 2020 / 1:08 AM / a month ago

雲仙大火砕流29年、犠牲者悼む

雲仙大火砕流29年、犠牲者悼む

 長崎県の雲仙・普賢岳で43人が亡くなった1991年の大火砕流から29年を迎え、被災した麓の同県島原市で3日、遺族や関係者らが献花し、犠牲者を追悼した。

 島原市と消防団が、追悼碑がある市内の仁田団地第一公園と島原復興アリーナに献花台を設置。

 仁田団地第一公園では、新型コロナウイルス対策で、入り口の記帳所で検温を実施。古川隆三郎市長や警察官、自衛隊幹部らがマスク姿で参列し、それぞれ花を手向け、一礼した。古川市長は「災害の教訓は私たちの心の中に根付いている。未来ある人に引き継いでいかなければいけない」と述べた。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below