for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

将棋、藤井七段が夢の舞台へ

スライドショー ( 2枚の画像 )

 将棋の最年少タイトル挑戦者、藤井聡太七段(17)と渡辺明棋聖(36)が対戦する第91期棋聖戦5番勝負の第1局は8日、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。2016年10月のプロ入り後、数々の金字塔を打ち立てた高校生。憧れだったひのき舞台で、最強ともいわれるトップ棋士に挑む。

 藤井七段は1989年、屋敷伸之九段(48)が達成した17歳10カ月24日の最年少タイトル挑戦記録を4日更新。最も若いタイトル獲得は屋敷九段の18歳6カ月で、藤井七段が6~7月の5番勝負で渡辺棋聖に勝利すればこの記録も上回る。

 渡辺棋聖とは昨年に1度対戦、その時は藤井七段が勝利を収めた。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up