for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大阪大・坂口志文氏にコッホ賞

大阪大・坂口志文氏にコッホ賞

 ドイツのロベルト・コッホ財団は8日、免疫学や微生物学の優れた研究をたたえるロベルト・コッホ賞の今年の受賞者に、大阪大の坂口志文特任教授(69)を選んだと発表した。生体内の過剰な免疫反応を抑える「制御性T細胞」の発見が理由。免疫が自分の体を攻撃する自己免疫疾患やアレルギーの治療研究を大きく進め、がん治療への応用も期待されている。

 坂口氏は受賞の知らせに「大変光栄。受賞を励みに免疫の仕組みの理解をさらに進め、がんやさまざまな免疫疾患の治療、予防に貢献できればと思う」とコメントした。

 授賞式は11月にベルリンで開かれる。賞金は12万ユーロ(約1500万円)。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up