June 25, 2020 / 9:41 AM / 13 days ago

NY市再開、大半は様子見

NY市再開、大半は様子見

 【ニューヨーク共同】全米最大の新型コロナウイルス感染地となっていた東部ニューヨーク市は8日、約2カ月半にわたり凍結していた経済活動を再開する第1段階に入り、感染対策の大きな節目を迎えた。市は再開対象の労働者を最大40万人とするが、実際に営業を再開した店舗はわずかで、大半は様子見だった。

 4段階で活動を再開。当初は製造業や建設業のほか、商店も店頭での受け渡し販売に限り営業を認める。公共交通機関でのマスク着用や社会的距離の義務付けは続く。市内での感染者初確認からちょうど100日。中断された工事が各地で再開し、行き交う車の数も増えたが、人通りはまばらだった。

【共同通信】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below