for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

浅間山、警戒レベル2に

 気象庁は25日、浅間山(群馬、長野両県)の噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から2の「火口周辺規制」に引き上げた。火口から約2キロ圏は弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に警戒が必要だ。

 20日ごろから山体膨張を示すとみられる傾斜変動が続き、山体浅部を震源とする火山性地震も増えている。火口の約2キロ圏に影響する小規模な噴火が発生する恐れがある。

 浅間山は昨年8月7日に小規模噴火が起き、警戒レベルが1から「入山規制」の3に上がった。同19日にはレベル2に下げたが、同25日にも噴火した。その後は噴火せず、昨年11月6日にはレベル1にしていた。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up