for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

車いすバスケ、不適格判定を尊重

 東京パラリンピックに向けた車いすバスケットボール出場資格の再審査で日本の女子選手1人が不適格と判定された問題について、日本車いすバスケットボール連盟の玉川敏彦会長は15日、オンラインで記者会見し「公平性と機会の平等はルールで担保されている。その厳格さが損なわれてはいけない」として判定を尊重する方針を示した。

 不適格とされた選手はパラリンピックなどの国際大会への出場資格を失う。日本連盟は国内大会でのプレーは認める方針で、西川拡志クラス分け部長は「日本連盟の規定を運用して、競技ができる環境を提供したい」と説明した。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up