for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大石寺僧侶、酒気帯び運転疑い

 静岡県警富士宮署は18日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、静岡県富士宮市、日蓮正宗総本山大石寺の僧侶大野雄允容疑者(61)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は18日午前0時ごろ、酒気を帯びた状態で、同市下条で乗用車を運転した疑い。

 富士宮署によると、コンビニエンスストアの駐車場からバックで路上に出る際、信号待ちをしていた車と接触。駆け付けた署員が呼気を検査し、基準値を超えるアルコールが検出された。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up