for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

河井案里議員、2訴訟並行へ

河井案里議員、2訴訟並行へ

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る公選法違反罪で公判中の参院議員河井案里被告(47)陣営の車上運動員買収事件で、最高裁が同法違反罪に問われた公設秘書立道浩被告(55)の上告を棄却したことを受け、検察側は連座制の適用を求める行政訴訟を起こす。案里議員自身の公判と合わせ、議員の身分を左右する二つの裁判が並行して進むことになる。

 検察側は立道被告が「組織的選挙運動管理者」に当たるとしており、公選法の規定で、広島高検は案里議員の失職を求め広島高裁に提訴しなければならない。確定すれば当選は無効となり、参院広島選挙区で5年間立候補できなくなる。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up