for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

千代翔馬ら5力士がコロナ感染

 日本相撲協会は9日、大相撲初場所(10日初日・両国国技館)を前に親方、力士ら878人の協会員に実施した新型コロナウイルスのPCR検査で、九重部屋の幕内千代翔馬(モンゴル出身)、十両千代鳳(鹿児島県出身)ら計5力士の感染を発表した。

 他の3人はいずれも幕下以下で、九重部屋2人、友綱部屋1人。濃厚接触の可能性があるとして両部屋の力士全員や師匠らは初場所を全休する。十両以上の休場者は16人と大量になった。

 既に感染が確認されていた横綱白鵬の所属する宮城野部屋、集団感染した荒汐部屋の力士全員や湊部屋の幕内格行司、木村元基の休場も発表された。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up