for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ALS嘱託殺人罪の医師を追送検

 難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者の嘱託殺人罪で医師2人が起訴された事件で、京都府警は15日、診断書を不正に交付したとして医師法違反の疑いで大久保愉一被告(42)=仙台市=を追送検した。

 追送検容疑は2018年10月ごろ、嘱託殺人罪などで共に起訴された山本直樹被告(43)=東京都港区=の診察をせずに健康であるとの趣旨の診断書を作成し、山本被告にメールで送った疑い。山本被告は、当時勤務していた病院に提出したという。

 捜査関係者によると、両被告は大学時代に医学生が集まる勉強会で知り合い、長年の付き合いがあったとみられる。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up