for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

河井案里参院議員、21日に判決

河井案里参院議員、21日に判決

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた参院議員河井案里被告(47)=自民党離党=に、東京地裁は21日、判決を言い渡す。地元議員らに渡した現金の趣旨が争点で、案里議員は買収の意図を否定し、無罪を主張している。

 検察側は、夫で元法相の衆院議員克行被告(57)=公判中=が選挙運動を仕切り、広島県議、市議、元首長ら100人に現金を配った大規模買収の構図を描く。案里議員はこのうち5人への供与で共謀したとして起訴された。求刑は懲役1年6月で、判決の認定内容は克行元法相の裁判にも大きく影響する。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up