for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

軽井沢スキーバス事故在宅起訴へ

軽井沢スキーバス事故在宅起訴へ

 2016年1月、長野県軽井沢町でスキーツアーのバスが道路脇に転落して大学生ら15人が死亡、26人が重軽傷を負った事故で、長野地検が業務上過失致死傷の罪でバスを運行した「イーエスピー」(東京都羽村市)の高橋美作社長(59)と運行管理者だった荒井強元社員(52)を在宅起訴する方針を固めたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。

 地検は、死亡した土屋広運転手=当時(65)=が大型バスに不慣れなことを社長らが把握し、事故が予見できたと判断したもようだ。結果の重大性や、遺族感情にも配慮したとみられる。土屋運転手は容疑者死亡で不起訴処分とする方針という。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up