for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

北・東日本で大雪に警戒続く

北・東日本で大雪に警戒続く

 発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で北日本や東日本は30日夕にかけて大雪となる地域がありそうだ。気象庁は暴風雪や暴風、高波、大雪に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、発達した低気圧が北海道・渡島半島付近から釧路沖に進み、日本付近は強い冬型の気圧配置が続く見込み。北日本や東日本は31日にかけても大雪となる地域がありそうだ。

 31日午前6時までに予想される24時間降雪量はいずれも多い地域で北海道、東北、関東甲信、北陸40センチ。30日は、予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道、東北23メートル(35メートル)、北陸20メートル(30メートル)。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up