for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

宮崎の養鶏場で鳥インフルエンザ

 宮崎県は31日、新富町の養鶏場で鳥インフルエンザの発生を確認したと発表した。県内の養鶏場では今季10例目。簡易検査で陽性が判明し、遺伝子検査をしていた。県は陸上自衛隊に災害派遣を要請し、飼育されている採卵鶏約8万羽の殺処分を始めた。

 県によると、この養鶏場の周辺半径10キロ以内では、106カ所の養鶏場が約533万羽を飼育している。県内では今季これまでに、宮崎市などで高病原性鳥インフルエンザが確認され、計約57万6千羽が殺処分された。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up