for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

千葉で鳥インフル、県内6例目

 千葉県は6日、旭市の養鶏場で鳥インフルエンザ感染が確認されたと明らかにした。県内の農場での発生は今季6例目で、県は約42万羽の殺処分を進める。

 県によると、5日に鶏舎2棟のうち1棟で約20羽がまとまって死んでいるのが見つかり、簡易検査で陽性と判明。遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザと確認された。

 この養鶏場は採卵用になる前のニワトリを育成していた。県は今後、周辺の養鶏場を検査する。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up