for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

河井元法相に懲役4年求刑

河井元法相に懲役4年求刑

 2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)罪に問われた元法相の前衆院議員河井克行被告(58)の論告求刑公判が30日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれ、検察側は「元法相が選挙の最終責任者だった。前代未聞の大規模買収だ」と主張し、懲役4年、追徴金150万円を求刑した。

 元法相は妻の案里元参院議員(47)=有罪確定=の当選を目指し、100人に計約2900万円を配ったとして起訴された。検察側は論告で、案里氏の遊説なども差配しており「元法相が活動全般を取り仕切った」と指摘。一部の現金供与について、案里氏との共謀があったと主張した。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up