for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

琵琶湖岸遺体は死後半年以上経過

琵琶湖岸遺体は死後半年以上経過

 滋賀県警は18日、同県彦根市薩摩町の琵琶湖岸でスーツケースに入った状態で17日に見つかった遺体について、司法解剖の結果、死後半年以上が経過していたことが分かったと発表した。死体遺棄事件として彦根署に捜査本部を設置した。

 遺体は身長170センチほどで年齢は45~60歳くらいとみられる。黒い布製のスーツケースの中に丸まった状態で銀色のシートにくるまれていた。着衣や目立った外傷はない。現時点で性別は分かっていない。

 県警は複数の目撃者の証言から、スーツケースが遅くとも15日に湖岸に打ち上げられていたとみている。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up