for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

双葉町で原発事故後初の田植え

双葉町で原発事故後初の田植え

 東京電力福島第1原発事故による全町避難が続く福島県双葉町で19日、試験栽培の田植えが行われた。営農再開に向け、収穫したコメの安全性を確かめる。町内での田植えは原発事故後初めて。

 町民ら約50人が見守る中、町の特定復興再生拠点区域(復興拠点)内の下羽鳥地区にある約980平方メートルの水田で、農家が田植え機を使って苗を植えた。秋に刈り取り、放射性物質を検査する。コメは検査後、廃棄される。

 同地区は、来年春に避難指示が解除される見通し。町は2025年の稲作再開を目指すが、農業の担い手不足が課題だ。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up