for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

避難情報「指示」に一本化

 災害時に市区町村が発令していた避難勧告を廃止し、避難指示に一本化する改正災害対策基本法が20日施行された。住民に避難を促す情報をシンプルにして逃げ遅れを減らす狙いがある。一本化に伴い、防災情報を5段階に分類した「大雨・洪水警戒レベル」も改定。梅雨前線や台風などで水害リスクが全国的に高まる時期は目前に迫っており、空振りを恐れず早めに行動することが重要だ。

 改正法は4月に成立した。市区町村が出す避難情報には避難勧告と指示があり「どちらのタイミングで避難を始めればいいのか分からない」という声が根強かった。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up