for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

性犯罪被害者の記載、匿名化へ

性犯罪被害者の記載、匿名化へ

 上川陽子法相は20日、性犯罪被害者らの情報が刑事手続きの過程で加害者に知られないようにする刑事訴訟法改正を法制審議会に諮問した。加害者に示す逮捕状や起訴状での被害者の匿名化などを検討する。

 捜査機関はこれまでも被害者名の一部だけを記載するなど、個人が特定されにくい工夫を図ってきた。しかし、刑事訴訟法は、できる限り具体的な事実の起訴状への記載を求めており、裁判官が冤罪防止の観点からフルネームの記載を求めることがある。

 諮問した案では、強制性交や強制わいせつといった事件を対象に、逮捕、起訴、公判で被害者の氏名や住所を秘匿できると規定した。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up