for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

同性カップルに扶養手当を

同性カップルに扶養手当を

 北海道や地方職員共済組合が同性パートナーを扶養認定せず、手当支給や寒冷地手当の増額を認めなかったのは憲法違反として、元道職員の佐々木カヲルさん(51)=札幌市=が9日、約480万円の損害賠償を求め札幌地裁に提訴した。「公的機関こそ率先して制度を柔軟に解釈・運用し、性の多様性を尊重すべきだ」と主張している。

 訴えによると、在職中だった2018年7月と19年4月、同居していた女性パートナーとの関係性を証明する公的書類を提出した上で、道と組合に扶養認定や手当の支給、増額を求めたが、いずれも同性であることを理由に内縁の配偶者と認められなかった。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up