for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

現金受領の県議ら100人不起訴

現金受領の100人、一律不起訴

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、東京地検特捜部は6日、公選法違反(買収など)の罪で実刑判決を受けた元法相の前衆院議員河井克行被告(58)=控訴=から現金を受け取ったとして、同法違反(被買収)容疑で告発された地元議員ら100人全員を不起訴とした。公選法は受領側も罪に問うと規定しており、一律不起訴とするのは異例だ。告発した市民団体は検察審査会に審査を申し立てる方針を明らかにした。

 東京地検の山元裕史次席検事は記者会見で「受領者はいずれも受動的だった。一定の者を選別して起訴することは困難で適切でないと判断した」と説明した。

【共同通信】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up